コンテンツへスキップ

老舗計画株式会社

飲食店開業 | 経営改善コンサルティング

 飲食店開業 ・ 改善コンサルタント 老舗計画株式会社 のロゴマーク

騒がしいお客様に対して僕なら。。。

昨晩、とある方からツイッターでDMが届きました。

内容は飲食店での騒々しいお客様への対応について。
その方は飲食業ではないのですが、なんというか接客の疑問があった時に僕をチョイスしてくれたのが嬉しいじゃありませんか。

という訳で、僕はこのやり方という前提でお伝えしました。

何度もブログに書いていますが、接客に正解は無いと僕は思っています。

Aというやり方を僕がやるとお客様に好評だから皆やるべき!
と言っても、それぞれキャラや性別が違うし、そのシチュエーションだって違うからね。

どれが正解、じゃなく
沢山の引き出しを持っている事が正解なんだろうね。

だから僕のセミナーでも(こうやれ)とは言わず、こんなやり方もあります。という程度。
それが正解であったら僕だってつまりませんもん(笑)

という訳で昨日お伝えしたのは、それを踏まえたもの。

で、騒がしいお客様に
(他のお客様に迷惑になりますので・・・)と伝えるのって
せっかくやるんなら芸がないと思いませんか?

店の迷惑、うるさいから黙れ、って言ってるわけですから(笑)
もっとポジティブに出来ないかなと。

まずうるさいのは声が大きいのもあるけど、反響しやすい建物って事にしちゃいます。
お客様がうるさいんじゃなくて、建物のせいだと(笑)

続いて、お客様に利益となる情報をお伝えします。例えば今の時間のオススメとかね。それで場を一旦支配します。別に楽天の途中経過でも大丈夫。
こっちに集中する時間を作る事が目的ですから。
その際、ちょっとづつ声のボリュームを下げて話していくのがミソ。

その後、本題として
「実は、反響しちゃって皆さんの個人情報が結構店にだだ漏れしてます(笑)」
「○○さんが今日お疲れ気味ーとかもバッチリ聞こえちゃってました(笑)」
とかね。
個人情報垂れ流すと色々アレなんで、皆さんを守るためにも少しトーン落とした方がいいですよー。
また個人情報聞こえてきたら、危険なので僕の方でボリュームコントロールしにきますね!

なんて具合に。

このやり方の良いところは、うるさくなって僕から指摘するのは(他のお客様が迷惑だから)じゃなくて(皆さんの個人情報保護のため)なので、何度でも指摘できること(笑)
皆さんためを思ってやっている事ですよーとアピールできるわけです。

最初に(他のお客様の迷惑に・・・)とやっちゃうと、二回目うるさい時に伝えにくくなるんですよ。喧嘩になっちゃう場合もありますから。

当たり前にやっている事を、どうポジティブにするか、楽しませるかってまだまだできるはずです。そんな小さい積み重ねが接客脳を作ったりするわけです。