コンテンツへスキップ

老舗計画株式会社

飲食店開業 | 経営改善コンサルティング

 飲食店開業 ・ 改善コンサルタント 老舗計画株式会社 のロゴマーク

お客様入店時の「いらっしゃいませ」と「こんにちは」について

なかなか難しいもんなんですけどね
ご依頼、お問い合わせは→ og.abedai@gmail.com まで
Twitterもやってます、フォローよろしくお願いします。
繁盛へのヒントや接客のポイント盛り沢山のメルマガのご登録はこちら

身近なところでのトラブルを
SNSでちら見しちゃって、朝からなんだか
チクチクとしちゃってます。

SNSを刃にしちゃっていいことってあんまり無いように思えるんだけどなぁ。

とりあえず経過観察ですね。

さてさて
僕のブログを読んでくれていらっしゃる方々って
結構接客セミナーとか受講される人が多いと思うのですが
そんな中で
(いらっしゃいませとこんにちは)
という話し、聞いたことありませんか?

簡単に言うと
「こんにちは」は挨拶なので返事がしやすい
「いらっしゃいませ」は挨拶では無いので返事がしにくい。

お客様とのコミュニケーションを図るのであれば
返事がしやすい方がいいよね。

そんな話しです。

僕も小売店でのセミナーとかでは
この話しするんです。

けど、これ飲食店の場合だと
ちょっと違うと思ってきてるんですよね。

それはなぜかというと

小売店の場合、来店されたお客様は
まだ購買すると決まっている訳ではないんです。
これから購買するかどうかを決めるんですよね。

その前提にあって「いらっしゃいませ」だと
もしかしたらお客様の中で
(いやいや、まだ買う訳じゃないから)という意識が出て
(そんなつもりじゃないから・・・)と退出してしまう
そんな事も想定される訳です。

ですから、まずはいらっしゃいませじゃなく
人としての挨拶をしましょう。という事。
その方が購買に繋がる確率が高まるからです。

でも飲食店の場合
その店に入られたという事は
99%購買決定している訳です。

(やっぱりこの店やめたー)と帰られる場合を除いて
代金を頂戴する事が確定している訳なんですよね。

小売店と飲食店両方経験していると
前者と後者を比較して(いらっしゃいませ)に返事をしてくださる率は
圧倒的に飲食店の方が高い印象があります。

もうお客様は飲食店に入った時から
(自分はお客様である)自覚があるんだと思うんですよね。

ですから
小売だったり路面販売だったり
まだ購買するかどうかが不明確な場合は「こんにちは」などの挨拶
購買決定している方には「いらっしゃいませ」
の使い分けがベターなんじゃないかな。

ただ、まぁどちらにしても
お客様にしっかり伝えようという気持ちを持って発声しなければ
意味が無いんですけどね(笑)

まずは自信を持って「いらっしゃいませ」してみましょう。
「どうもー」とか「こんにちはー」とか
返事してくれるお客様飲食店には多いですから。

それでは本日も皆様にとって素晴らしい一日でありますように。

★今まで反応の良かった記事をまとめてみました
こちらからどうぞ

魚谷屋 仙台での飲食店開業・独立・立ち上げならお任せ また会いたくなるスタッフ教育の専門家 お客様を喜ばせるプロ 北海道地方北海道東北地方青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県関東地方茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県中部地方新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県近畿地方三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県中国地方鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県四国地方徳島県 香川県 愛媛県 高知県九州地方福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県沖縄地方
沖縄県 接客コンサルタント 接客コンサル 接客サービスの達人 飲食店コンサルタント 売れる販売 売れるサービス 接客指導 ミラサポ専門家 講演 接客セミナー 講師 サーバーグランプリ   接客セミナー 接客マナー マナー講座 マナー講師 カフェ開業 カフェ立ち上げ サロン開業 女性起業家 開業サポート 自宅結婚式 結婚式 ケータリング 出張 toreta トレタ 東北代理店 予約管理 顧客管理 ほめ育 マスターナビゲーター インストラクター 仙台駅 ぷらっと 日本酒バル 老舗計画 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。