コンテンツへスキップ

老舗計画株式会社

飲食店開業 | 経営改善コンサルティング

 飲食店開業 ・ 改善コンサルタント 老舗計画株式会社 のロゴマーク

当たり前、を疑うこと。

日常にもヒントって沢山隠れていますよね。

ご依頼、お問い合わせは→ og.abedai@gmail.com まで
Twitterもやってます、フォローよろしくお願いします。

繁盛へのヒントや接客のポイント盛り沢山のメルマガのご登録はこちら

実は洗い物が大好きな僕だったりします。

 

業界入りたての時は、接客が嫌いだったため

率先して洗い場に入ったりして

「阿部大は裏方を率先してやって偉いな!」

なんて言われたり。

いやいや、逃げていただけですと(笑)

 

まぁ、そんな名残と

大量の洗い物が片付いていくのが

なんともすっきりするんですよね。

 

ウチの台所はそんなに大きくなく

シンクの端にカバー的なものを渡して

その上に水切りカゴを置いていたんですね。

で、その中にどんどんと

洗い物を積み上げていく。

 

洗い物は好きなんですが

水切りカゴを洗うタイミングがなんとも掴めず

たまーに、水垢が溜まっていたりする事が多かったんです。

 

不衛生だし、気分的にも良くないのですが

洗い物をした後に外出

翌日の朝、洗い物をする前に食器を片付けて

すぐ洗い物というサイクルなので

水切りカゴを洗う時間がもったいない、というか

洗い物したい!気持ちが先走ってしまって

水切りカゴにまで手が回らなかったんです。

 

で、週二回くらいで

水切りカゴやその桶を(きたねぇなぁ)と思いつつ洗うサイクル。

 

当たり前の事だと思っていたんですよね

水切りカゴに水が貯まることって。

 

そこで思考がストップしていたわけです。

 

先日

「おや?まてよ。。」

とこんな感じに。

 

シンクの上渡していたのなら

別に水切りカゴの外側の桶いらないじゃんよ、と。

 

考えてみれば本当に当たり前の事なんですが

気づくまでに随分かかりました(笑)

 

こうすることによって水切りカゴの桶を洗う必要が無くなって

空気の流れも良くなったので乾く時間も短縮されたわけです。

 

で、何を伝えたいのかというと

 

(お店の当たり前と思っている作業動線って改善できる事が沢山ある)

という事。

 

前からこうなっていたから、という事で

何の考えも無しにその配置にしていたり

本当は二度手間なんだけど、それが当たり前になっていて

気づかない事って多いんです。

 

ずっとここにグラスがあるから、という理由で

ビールサーバーから離れた所にジョッキがあったり

本当はもっと広い場所があるはずなのに

何となく出し入れしていたから、という理由で狭いディシャップを使っていたり。

 

そんな事、実はとっても多いんです。

僕のオペレーションメンテナンスは、そんな指導をさせてもらっているのですが

そんな僕ですらこれですから(笑)

 

当たり前の事は見えにくい。

 

そんな時は、新人さんを教育する時に

「何か不便だな、と思ったことない?」

と聞いてみると当たり前になっていない分、新人さんから教えてもらえる事があったりしますよ。

 

 

それでは本日も皆様にとって素晴らしい一日でありますように。

★今まで反応の良かった記事をまとめてみました
こちらからどうぞ

仙台での飲食店開業・独立・立ち上げならお任せ また会いたくなるスタッフ教育の専門家 お客様を喜ばせるプロ   北海道地方北海道東北地方青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県関東地方茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県中部地方新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県近畿地方三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県中国地方鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県四国地方徳島県 香川県 愛媛県 高知県九州地方福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県沖縄地方
沖縄県 接客コンサルタント 接客コンサル 接客サービスの達人 飲食店コンサルタント 売れる販売 売れるサービス 接客指導 ミラサポ専門家 講演 接客セミナー 講師 サーバーグランプリ   接客セミナー 接客マナー マナー講座 マナー講師 カフェ開業 カフェ立ち上げ サロン開業 女性起業家 開業サポート 自宅結婚式 結婚式 ケータリング 出張 toreta トレタ 東北代理店 予約管理 顧客管理 ほめ育 マスターナビゲーター インストラクター 仙台駅 ぷらっと 日本酒バル 老舗計画 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。